お店に問い合わせ
  • EC商品ページ
    ホーム » ギフト/詰め合わせ 商品一覧 » 【冬季限定】【送料込み】南部の柿っこ(干し柿)200g 2袋

    送料込み ギフト対応可 常温

    【冬季限定】【送料込み】南部の柿っこ(干し柿)200g 2袋

    税込価格: 1,948 円

    ただいま品切れ中です
    ♡お気に入りに追加 で再入荷をお知らせ!

    青森県南部町で250年前から栽培されているとされる妙丹柿。
    昔から冬の常備食材として干し柿にして重宝されていました。

    商品特徴

    品種改良もされず、昔からの味をそのまま味わえるように干し柿にしました。時間をかけゆっくりと水分を抜いていくことで柿特有の甘味が口いっぱいに広がります。


    秋の風物詩!

    10月末から11月にかけて青森南部町の畑や山々はオレンジ色で染まります。
    たわわに実った妙丹柿が一面に広がる風景です。

    最近はあまり食べられなくなり、柿を軒先で干すことも
    少なくなってきた現在ですが、秋のこの風景を
    次の世代にも残していくために、栽培を続けていきます。


    インフォメーション

    原材料名 妙丹柿(青森県南部町産)
    内容量 200g×2P
    賞味期限 30日
    保存方法 冷暗所で保存
    製造者 なんぶ農援株式会社
    栄養成分表示 100gあたり(推定値)
    エネルギー:276kcal たんぱく質:1.5g 脂質:1.7g 炭水化物:71g 食塩相当量:0g

    サイズ

    高さ 5cm
    横幅 25cm
    奥行 16.5cm
    本体重量 400g
    全重量 500g

    レビュー

    関連商品

    この商品が含まれる商品カテゴリ
    > ギフト/詰め合わせ > スイーツ/ゼリー
  • なんぶ農援とは

    なんぶ農援は農家を応援する会社です。農家と消費者の架け橋になるべく、青森の特産品を作り販売しております。

    妙丹柿

    南部の柿の物語は、その昔、南部の殿様が参勤交代の折に持ち帰った「妙丹柿」が原点です。
    甘味が強く、繊維や種子の少ない美しい形で、自然の妙用によってか、極めて美しい赤橙色(丹色)が特徴の柿です。


    その昔、南部の殿様が参勤交代の帰り道、会津から大根に差し、大切に人の手で運ばれ持ち帰ったと言われる妙丹柿。
    現在、南部地域に残る妙丹柿の樹齢は200年を超える老木も多く、その当時の一枝が根付いたものとも言われています。そんなロマンチックで暖かい、民話の世界をそのまま現代に伝える妙丹柿は、青森県南部地方に広く栽培され、昔は冬場の農民の糧、収入源として干し柿に加工され、全国へと流通していました。基本的に放任栽培で無剪定の妙丹柿は、高さ十数メートル。枝も折れやすく危険が伴うことから、生産者の高齢化が進んだ現代、収穫・加工する農家も少なくなっています。

    南部の柿の物語

    この柿を見直し、なんぶ農援と地元南部町の名久井農業高校で共同開発した商品が、「南部の柿の物語」です。

    200年以上前から食べられている妙丹柿ですが、最近では若い方は干し柿など柿を食べない方が増えてきてました。
    なぜ食べないのか聞いてみると、あの柿独特の食感が嫌という意見が多数でした。この食感をなくせば少しずつ柿を食べる方が増えてくるのではないかと考え商品開発に取り組みました。

    おすすめ商品

    南部の柿の物語4P

    お買い物

    柿特有の触感をなくすために、スライスして乾燥をすることで、あの食感をなくすことができました。また、オレンジ色を生かすために若干の砂糖を加えるなどして見た目からもいい商品に仕上げることができました。
    お茶のお供にもいいですし、ワインやウイスキーなど洋酒などにも合いますので是非お試しください。